あけました2020年。
今年の抱負と行きたいところですが、12月初めの福岡旅が終わらないので続きです。ちなみに、これまでの話は女子向け屋台やら、友人用プチプラお土産について。

福岡に来て、はずせないのが明太子。どこでも買えるよね明太子…と思う一方で、それでも自分用に欲しい。これが本場マジックというやつでしょうか。

◆昆布の誘惑に負けてお買い上げ
明太子は生モノなので、帰りの空港で品定め。福岡空港国内線ターミナルの2階には、たくさんのギフトショップがあります。明太子の品ぞろえも、正直なところ、どのお店もほぼ同じ…に見えます。

そんな中、大丸のショップで目が合ったのがこちら。「お料理処 蕗」の昆布入り辛子明太子
●蕗3
▲保存しやすく、かつ開封後も使い勝手の良さそうな容器も高ポイント

刻み昆布をまとって、ウマミ増し増しを思わせる上に、さらに明太子と和えた刻み昆布入り! 
「お料理処 蕗」とは何ぞや?ほかの売り場では見なかった気がするぞ?と思いましたが、そこは昆布に負けました。自宅用なので箱入りではなく、簡易パッケージをお買い上げ。170g・1080円(税込)。箱入りは同じく税込1,080円ですが100g入り。簡易パッケージだと70gお得です。※「蕗」は昆布入りだけでなく、普通の明太子もありました。

◆やっぱり昆布がいい仕事。明太子が2倍おいしい
パッケージを開けると、小ぶりな明太子が5腹と、明太子和えの刻み昆布が入っていました。
炊き立てのごはんにのせて、いざ実食。

●蕗2
▲写真を見ているだけで、また食べたくなるパブロフの犬的ビジュアル

昆布入りですが、意外にも昆布のネバネバ感はありません。明太子はきちんと明太子として美味。ごはんの上では、明太子和えの刻み昆布がいい仕事をしています。2つの味が楽しめて、満足度が高い!

「お料理処 蕗」について調べてみたところ、
昭和57年にご夫婦で始めた和食の店で、そこで一品として出していた自家製の明太子が人気を呼び、今では通販にも対応している模様。

蕗HPによると、取り扱いは福岡大丸福岡空港の出発ロビーに近いお土産屋とのこと。〈出発ロビーに近いお土産屋〉って!説明がざっくりしすぎ! 私が購入した大丸ショップのこと!? 憶測ですが、「蕗」の明太子は、大丸独占かと思われます。

ほかでは見ない明太子を探している人には、オススメの一品。百貨店バイヤーとカラノのお墨付きです(バイヤーと同列にする厚かましさよ…苦笑)。
というわけで、冷蔵庫を埋め尽くす明太子の商品群から、「お料理処 蕗」の明太子を購入した話でした。
★お料理処 蕗 https://www.fuki-f.jp/

<スポンサーリンク>九州っておいしいものが多いですよねぇ……