絶賛、次の仕事を探しているカラノです。
転職profile
生活費は出ていく一方。そこで、「少しでもお金を減らさないプロジェクト」として、今さらですが、メルカリデビューしました。“プロジェクト”を付けると、その気になるタイプです(苦笑)

¶メルカリ運営の「習うより慣れよ」感がすごい
新しい仕事を始める前に、周りのモノを片付けようと決めていました。私には必要なくなったモノでも、ほかに欲しい人がいるなら……と、「メルカリ」をスマホにダウンロードし、会員登録完了!

あとは、メルカリに出品されている写真や説明を見て、片付けながら出品していこう……なんて思っていたんですよ。

ところが! 登録直後にこんな画面が現れるじゃないですか!
200724_1
\新規登録者限定/
出品するだけで最大1000円分のポイントがもらえる!!/
おぉ~、すごい!
出品期間は会員登録完了時から24時間
まるで「後で出品しよう」という私を見ているような。出品についてアレコレ調べるより、「出品しながら慣れていこう」と言われているような。

でもね、1000円分のポイントはうれしいけれど、24時間以内ですからね。何も準備していないからっ!
慌ててモノの山をかきわけて、出品できそうなモノをピックアップし、暗くなる前にまずは撮影。
完全にメルカリ運営の「まずはやってみよう!」の流れに乗せられています。

◆絞り込み検索で、売れた先輩の傾向を探る
いよいよ、本や雑貨を出品。
まず、メルカリで出品する本のタイトル検索をして、価格傾向や商品紹介の書き方をチェック。商品紹介って、意外とみんなフォーマットが似ているなぁ、と思っていたら、出品するときにナゾが解けました。
本はバーコードを読み取るだけで、自動的に商品情報が入力されるのです。うわぁ、これはラク。今さらながら感動! 

雑貨はイチから自分で入力が必要なので、似たような出品を検索。
200724
検索の絞り込みで、「販売状況」を「売り切れ」に設定し、それらを参考に価格設定、商品紹介を作成しました。にしても、価格設定って難しい。

◆2つの制約で悩む価格設定
第一に送料
メルカリ運営のガイドによると、「特別な理由がなければ、送料込みで商品の値段を決めることをオススメします」とのこと。
着払いにすると、購入者にとっては負担する金額がわかりづらいので、送料込みの商品に比べて売れにくい、そして着払いは宅急便・ゆうメールしか選択肢がないので小さな商品には向いていない、というのがその理由。

次に手数料
メルカリは出品時の手数料はなし。売れると10%が販売手数料としてメルカリにわたります。

あぁ、いくらが正解なんでしょう!?
事前に送料を調べて、手数料も加味したうえで価格設定しながら、だんだんわからなくなってくる!
送料と手数料でマイナスにならないように、思わずExcelで表を作ったよ、私。

¶1000円分のポイントはあくまで「最大」
さて、今回の24時間以内の出品で、最大1000円分のポイントプレゼント。
キャンペーンにエントリーをして、下の方にある詳細を見ると、ポイント付与条件として、こんなことが書いてありました。

・キャンペーンページの「エントリーする」ボタンをタップする
・キャンペーン期間中に1つ以上の新規出品を完了している
※ポイントは出品数に応じて、最大1000円分(1点出品につき200円、最大5点まで)を付与します。
……というわけで、1000円分のポイントをもらおうと思ったら、5点出品しなくてはいけない、ということに。

◆スポ根的な「あと1品」でさっそくネタに困る
現在の出品は4点。
4点の登録が終わって一息ついていると、「初出品ありがとうございます!5品出品すると売れる確率が約80%まで上がるというデータがあります。もう少し出品してみませんか?」と、メルカリからお知らせが。

あと1点、わかっているんだよぉ。
「少しでもお金を減らさないプロジェクト」を始めた以上、1000円分のポイントのために、もう1点出したいんです。明日、すぐに出せるモノを探索しますとも……!

¶調べればよかった! 招待コード!
そうそう。登録時に招待コードを入力する欄がありました。特にコードは持ってないし……と未入力のまま登録完了。
そして、後から脳裏に浮かんだのが「あ! Twitter!!」。
案の定、Twitterで「メルカリ 招待コード」と検索したら、招待コードが出てくる、出てくる……。あぁ、どなたかのメルカリ招待コードをいただけば良かったぁ。後悔。

というわけで、あざとく私の招待コードを置いておきます(笑)。
メルカリcode
▲本当に我ながらあざとい……

招待コード BHYZAH
よろしければ、ご活用ください。500ポイントもらえるそうです。そして私もご相伴にあずかります~。

問題はメルカリもメルペイも使ったことがないので、ポイントの使い道・使い方がいまいちわかっていない、ということでしょうか……。

やはり使いながら慣れていくしかなさそうです。