以前、コーヒーの宅配サブスク「ポストコーヒー」を、初回解約できなかったワケという記事を書きました。「ポストコーヒー」とは、月1回、自分好みのコーヒーが届くサービスです。


前職で「テレワーク時間の工夫」でネタ出しがあり、調べていたときに出会ったのが「ポストコーヒー」。お試しのつもりで頼んだのに、思っている以上に楽しくて初回で解約できず……続いています。以下、届いたコーヒーの一部。


201001_3
▲箱を開けた時に目に入る手書きメッセージに、まずやられる

201001_4
▲どんな種類が届いてもラベルの3色のまとまりがオシャレ


201001_6

届くコーヒーの味わいはチャートで確認。
飲むたびに見るのも面倒なので(モノグサか!)、パッケージの裏に概要を書き留めて、感想もメモしています。

そして、「ポストコーヒー」のマイページで好き・苦手をフィードバック

201001_2
フィードバックをふまえて、より自分好みのコーヒーに近づく……というサービスですが、気分で「苦手・普通・好き」をチェックしているので、おそらくこれまでのフィードバックには一貫性はないかと思われます。苦笑

¶サブスクは空気感に課金、に納得
先日、文藝春秋の編集者・村井 弦さんが、Twitterでこんなことをつぶやいていました。

あぁ、めっちゃわかる。私にとっての「ポストコーヒー」はまさにこれ。
毎月どんなコーヒーが届くかというワクワク。そしてコーヒーを手にしているときは、“シンプルでおしゃれな、ワンランク上のコーヒを飲む自分”になれるような。
とはいえ、間に合わせで買ったドリッパーを買い替えようと思ったり、マグ用のコースターを手縫いしたり。毎月届くコーヒーが、少しずつ身の回りをブラッシュアップしてくれているのなら、それだけで続ける価値はあるのかも。というわけで、まだ課金は続けます。笑

★Post Coffee(ポストコーヒー) https://postcoffee.co/