先日、不二製油から届いた株主優待を記事アップしましたが、12月は配当の入金もありました。ひゃっほい!


私はSBI証券とLINE証券で株を買っているので、2つをわけてご報告。配当金は1株でももらえます。

¶SBI証券 単元株の部
コロナで株価が下がったときに、デビューした単元株。
re201220_2
いずれも100株保有で、配当金はというと。
・不二製油グループ本社2,600円(1.78%)
・オリックス3,500円(4.74%)
・日本電信電話(NTTのことですね)5,000円(3.74%)

カッコ内のパーセントは、会社予想の年間配当金の利回り。
一見、配当5,000円のNTTがお得に見えるけれど、株価と利息の両面で比較すると、配当面では、オリックスの方が満足度が高いということになります。

ちなみに、ここから税金が引かれるので、実際の入金額は……。
・不二製油グループ本社 2,072円
・オリックス 2,789円
・日本電信電話 3,985円
3銘柄合わせて8,846円ナリ。
先月買った、ソムリエが選んだ赤ワイン11本セット8,800円がペイできた気分です(税別やけど)。

▲赤白泡11本セット購入の記録。リピ買いは続いています

¶LINE証券 “いちかぶ”の部
あちこちのポイントで1株ずつ、ちまちま買い足しているLINE証券。※LINEポイント以外は、ポイント相当額を財布から入金して購入。
re201220_1
▲保有2株とかなのに、計算書まで郵送いただき恐縮っす

LINE証券で持っている株は、税金を引くほどの額もなく、まるっと入金。こちらもカッコのパーセントは、配当利回りです。
・ENEOSホールディングス(11株/5.93%)97円
・双日(15株/4.25%)61円
・みずほフィナンシャルグループ(2株/5.69%)61円
・住友化学(2株/2.96%)11円
4銘柄の合計230円ナリ。チロルが10個買えます。この脳内換算で、幸せが増します。

LINE証券の株の選択基準は、今のところ1株1,000円未満で買えること。ほとんどがコロナ前の株価が高い時期に購入した分なので、現状1,000円ほどマイナスです。
でもね。双日は口座開設時の3株分の購入資金プレゼントの分。自腹ではないのです。基本、ポイントで購入しているので、「230円増えた!」という気持ちが大きい。笑

¶12月配当金のまとめ
SBI証券の3銘柄と、LINE証券の4銘柄の配当金を合算すると9,076円。1万円まであと一歩!!
10万円単位でお金が動く単元株は、今は購入する気持ちの勢い(ノリ?)はないけれど、LINE証券の“いちかぶ”で1株ずつ、数百円で買えるのは、やっぱり気軽でお手軽。いつものLINE画面からアクセスできるし。

次は、3月の期末決算の配当金。こちらも無事に入りますように。LINE証券の“いちかぶ”も買い増して、チロルの個数を増やしたいと思います(どんな目標)

初株キャンペーン