緊急事態宣言で外食の機会が減り、たまにテイクアウトしながら“おうちごはん”の日々が続きます。
となると、どうしても味がマンネリになるわけで、ここでカルディ調味料に助けられているのは私だけ?

目移りするほど種類があるカルディ調味料から、私がリピ買いしているのが写真のハリッサ(左)とサテトム(右)です。
210605_1


■友人たちの間でも大流行のハリッサ

まずは左の「カルディオリジナル ハリッサ」。友人グループで流行し、もれなく私もハマった一品です。唐辛子ペーストにガーリック、スパイスをブレンドした、ちょっぴりエキゾチックな風味。辛すぎないウマ辛で、中毒性があります(ガーリックが入っていると、大体中毒性ある説)。
210605_2
▲ハリッサ 415円(カルディHPによるとパッケージが変更になる模様)

冷ややっこ(定番!)やローストビーフに添えたり、厚揚げに塗ってチーズをのせて焼いたりと使い勝手がよく、すごい勢いでなくなります。優秀。


■辛いけど、おいしい!が止まらないサテトム

あるとき、オサレ立ち飲みで水餃子を頼んだら、食べる系ラー油が付いてきました。辛いけれどおいしい。このエスニックな風味は、干しエビとレモングラス?という印象を元に探し出したのがベトナムラー油の「サテトム」でした。ただ、メディアで紹介されたのか、いつカルディに行っても売り切れ。サテトムとは縁がないのか!?と思ったときに、ようやく遭遇。会いたかったよぉ、サテトム!

こちらはハリッサと違って辛いです。最初、何も知らずに気前よく入れたら、ガチ辛で泣きました。水餃子に添えたり、あえ物のアクセントに入れたりと大活躍。アンダー300円のプチプライスもありがたい。
210605_3
▲シンチャオ サテトム298円

ただですね、後日、オサレ居酒屋で聞いたところ、水餃子に添えられていたのは全く別の調味料だったことが発覚。まじか! バカ舌やん、私! お店の方からは「レモングラスは合っていますよ」と、謎のなぐさめを受けました。というわけで、こちらもまた手に入れたいところ。

おいしい調味料でなんとか耐えているけれど、早く外ごはんが食べたい! 生ビールが飲みたい!
心の叫びが止まりません……。